結婚生活に対する期待
DV007_L

私が結婚したのは三七歳のとき。
そのときの私は、この人となら人生の儚さをうまく乗り越えられる、と思った。
この人となら情熱的な生活を送れる、と思った相手ではなかった。
結婚生活にはものすごく制限がある。神様が浮気を創り出したのは、そのせいよ。

私にとって、結婚生活に対する期待は、次のことだけ。
(1)ふたりの人生のゴールは、どちらかというと似ているか?
(2)彼はいい父親か?
(3)人生の大変な時期にも、私たちはお互いを支え合うことができるか?
(4)やっつけなきゃならないやっかいなすべての難題について、彼は責任を共有してくれるだろうか?
それ以上を望むのは、虫がよすぎるわね。

以前の私は、何年間もで出会った数え切れないほど多くのセックスパートナーがいて、すばらしい男たちの何人かとは魅惑的な生活を送ったわ。
でも、そのだれとも結婚しようなんて思ったことがなかった。

人生ってそんなものだと私は知っていたけど、最終的に彼らはそれに対処できなかったのよ。人生は長いジェットコースターに乗るようなものだってことにね。
私がランチを終えて、家まで一時間ほど車を走らせているあいだ考えていたのは、みんな少なくとも一度は抱いた経験のある、
だれかを死ぬほど愛しているというすばらしい感覚についてだった。

〈よい天使.わるい天使〉のイメージを投影することが、この方法の中心です。つまり、相手の両方の肩の上に天使が坐っているイメージを描くのです。片方の肩には〈よい天使〉が坐っていて、彼が心を開くことを望んでいます。もう一つの肩には、〈わるい天使〉が坐っていて、彼が心を閉ざすことを望んでいます。そして、彼の文化的背景や、育てられ方に影響され、〈わるい天使〉の方が強く、(よい天使〉を負かしてしまいます。


参考:

Posted on 2014年3月17日, 2:12 PM By
Categories: 結婚
愛は、変化する。
DV024_L

いま私は、ワシントンDCのカクタス・キャンティーナで、頭がよくて皮肉っぽい、友達のスーザンとランチの途中だ。

い雨が降っているというのに、私たちはフローズン・マルガリータを飲みながら、辛いチリコンヶソ(メキシコのディップの一種)を食べている。
私は彼女に、夫姉のどちらかに愛がなくなって結婚生活がだめになった、これらのすべての知人について話しているところだ。

スーザンは飲むことも食べることもやめ、冷ややかな声でこういう。
「愛していないからといって、結婚生活にピリオドを打つ、まっとうな理由にはならないわ、特に子供たちがいる場合はね」。
連れ合いは忠実で頼りがいがある、といったその他の要因と比較して、強く愛し合っていることは結婚生活の中でどれほど重要か、私たちは話し続ける。
六歳の娘と八歳の息子を持つ、結婚して一○年がたったスーザンの洞察の一部を聞いてみよう。
愛というのはさまざまな段階で、さまざまな形に変わるものだと思うわ。
本貿的に、愛は継続するものよ・しばらくのあいだ、愛は強くて圧倒的な力になりうるわ-凶暴だったり、うきうきしたり、といったように。
その後、運がよければ、新しく出会った人と愛は穏やかで落ち着いたものになるかもしれない。


愛は変化する。
それはいいことよ。
とても激しい状態が続くものだと考える人の中に、夫婦関係を十分長く結んでいられた人はいなかったと思うわ。


参考:結婚相談所 選び方

Posted on 2014年3月17日, 2:01 PM By
Categories: 結婚
車の運転ができる女は苦手
DV011_L

「車の運転ができる女は苦手」という男子は多い。
車の運転は、人を押しのけてでも、前に出る厚かましさがないと、できない。
そんな話を、男性ドライバーから聞くことがあります。
車の運転が達者な女だけは、女房にしたくない、なんて言う男性も結構います。
シッカリものは歓迎だけど、抜け目のない女は、苦手。
そんな話を耳にするたび、なるほどなぁ、と、私はうなずいてしまいます。
男性は、基本的に、あちこちにタネをバラまき、繁殖するというオスの宿命を背負って、生まれてきています。
したがって、オスの本能が強い人ほど、自分の浮気現場を押さえ込み、慰謝料をゴッソリふんだくりそうな女性を、無意識に遠ざけたがるのです。
さらに男性が年下男子の場合、ナメられたくないという意地も加わりますから、
あなたが、車の運転もできる、あれもできる、これもできると、相手にプレッシャーをかけ過ぎると、
出会った年下男子は、あなたを尊敬はしても、女性として見ないようになってしまいます。

知識も経験もあるあなただったら、お笑い芸人にでもなったつもりで、
そのぶん「ドジ」や「アホ」を、積極的に見せるようにすれば、ぐっとバランスがよくなります。

かなり年齢差のあるカップルで、うまくいっている人たちには、ひとつの共通点があります。

相手が心を閉ざす理由を探るといった無駄な努力をするよりも、もっと効果のあるく感情のイメージ化〉という方法を紹介しましょう。この方法はすでに紹介した(共感能力を高めるエクササイズ〉、〈段階的撤退戦術〉、(イメージ投影法〉などを総合したものです。

出典:出会い系 サクラいない

Posted on 2014年3月17日, 1:39 PM By
Categories: 出会い
「甘えさせて」は、タカリの危険性大
DV008_L

本当に年上女性が好きな年下男子は、甘えたいから、おねえさまを狙うわけではないのです。
エロいから、なのです。
深いやさしさにも、首ったけ。
関係性としては、両者はきわめてノーマル。

男として優位に立ちたいと思っていますし、おねえさまのほうだって、相手が童貞だったらいいなんて、思っていません。
普通に、男として見ています。
「甘えさせてくれる、年上のおねえさまとつきあってみたいな」な-んて、
気色の悪いことを抜かしている男子がいたとしたら、それは、ただのタカリの危険性大。
そのうち、借金の申し込みをしてきます。
あるいは、風俗に行くお金がないから、年上のおねえさまをヤリ逃げしたいだけの、セコイ男か。
どちらかです。

どちらにせよ、本物の年上好きではありません。
そんな輩は、エッチの経験がないブリを装ったりします。
そうすればおねえさまが、喜ぶと誤解しているわけです。
そして彼らは、歳を重ねた女は、性欲がないと思っていますから、「甘えたい」と言えば、母性本能で抱きしめてくれると信じています。
ヤリ逃げしたとしても、経験が豊富だから、怒らないだろうし、追いかけても来ないだろうと考えています。
彼らは、年上のおねえさまは、傷つかないと信じているバカどもなのです。
もし遊ぶだけのつもりなら、好きにすればいいと思いますが、相手はもともと、若い女子が好きなわけです。
だから、お金や性欲処理に利用し、傷つけるだけ傷つけて、去ればいいやという態度でいます。
結局、なんとも後味の悪い思いをすることになりますから、注意が必要です。



参考:

Posted on 2014年3月17日, 12:58 PM By
Categories: 出会い
年下男子は「甘えたがり」に反発する
DV004_L

「年下男子だから、甘えたがっているなんて大間違い。彼は年上の私よりもシッカリしてて、頼りになるの」決まり文句とも言える、おねえさま側の意見。
実際の関係はわかりませんが、こう言ってみせることによって、年下男子のメンツを立ててあげているのです。
「甘えられて、いいね」とか、「マザコンじゃないの?」とか。
他人はそんな悪口を、年下男子に言いたがります。

ただでさえ、将来に不安を感じながら、必死で戦っている若い男子が、年上のおねえさまとつきあうことで、
二重に「半人前」の烙印を押され、胸がつぶれそうなストレスを感じてしまうわけです。
そこを、「頼りになる」というふうに、立ててあげる配慮。
その上、自分が年上であることを逆手に取って、「年上の女を引っ張ってゆける、頼もしい男性」の、称号まで与えたわけですから、
年下男子はおねえさまに、もうメロメロなのです。

ここでちょっと話題を変えて。
年下男子が思い描く、セクシーなおねえさまの萌えアイテムは、「カーディガン」だそうです。
知り合いの年下男子たちに聞いた話ですが、なるほど、エッチビデオの熟女モノに出てくるおねえさまは
みんな黒のタイトスカートと白いブラウスに、薄手のカーディガンを羽織っています。いわゆる、女教師ファッションです。
カーディガンは、からだの線がくっきりするような、フィット感のあるもので、年下男子の視線は、
おねえさまの形のいいバストと、くびれたウエストに釘づけというわけです。
そんなおねえさまに、クールな口調で、エッチなことを教わりたいのでしょうか。

すっかり定番になっている、この萌えアイテムですが、カーディガンを着ている年上のおねえさまに出会いたいと思っているのは、
どうやら日本の年下男子だけじゃなさそう。

出典元:出会いがない 社会人

Posted on 2014年3月13日, 2:22 AM By
Categories: 出会い