「甘えさせて」は、タカリの危険性大

本当に年上女性が好きな年下男子は、甘えたいから、おねえさまを狙うわけではないのです。
エロいから、なのです。
深いやさしさにも、首ったけ。
関係性としては、両者はきわめてノーマル。

男として優位に立ちたいと思っていますし、おねえさまのほうだって、相手が童貞だったらいいなんて、思っていません。
普通に、男として見ています。
「甘えさせてくれる、年上のおねえさまとつきあってみたいな」な-んて、
気色の悪いことを抜かしている男子がいたとしたら、それは、ただのタカリの危険性大。
そのうち、借金の申し込みをしてきます。
あるいは、風俗に行くお金がないから、年上のおねえさまをヤリ逃げしたいだけの、セコイ男か。
どちらかです。

どちらにせよ、本物の年上好きではありません。
そんな輩は、エッチの経験がないブリを装ったりします。
そうすればおねえさまが、喜ぶと誤解しているわけです。
そして彼らは、歳を重ねた女は、性欲がないと思っていますから、「甘えたい」と言えば、母性本能で抱きしめてくれると信じています。
ヤリ逃げしたとしても、経験が豊富だから、怒らないだろうし、追いかけても来ないだろうと考えています。
彼らは、年上のおねえさまは、傷つかないと信じているバカどもなのです。
もし遊ぶだけのつもりなら、好きにすればいいと思いますが、相手はもともと、若い女子が好きなわけです。
だから、お金や性欲処理に利用し、傷つけるだけ傷つけて、去ればいいやという態度でいます。
結局、なんとも後味の悪い思いをすることになりますから、注意が必要です。



参考:

Posted on 2014年3月17日, 12:58 PM By
Categories: 出会い